骨盤矯正

あなたの骨盤は、大丈夫ですか? ~骨盤歪み度チェック~

肩・腕まわり
  • 左右で肩の高さが違う
  • 肩がこりやすい
  • 腕組みする癖がある
背中・腰まわり
  • 寝る時は、うつ伏せか横向きの方が楽
  • 猫背を指摘されたことがある
  • 頻繁に腰が痛くなる
お腹まわり
  • 下腹がぽっこり出ている
  • いくら食べても太らない
  • 便秘になりやすい
  • 生理不順・生理痛がある
  • お尻が大きいと思う
顔まわり
  • いつも片側ばかりで噛んでいる
脚・足まわり
  • 椅子に座るとつい脚を組んでしまう
  • 椅子に座ると無意識に膝が開いている
  • 横座りしてしまう
  • 立っている時、どちらか一方の脚に重心を置く癖がある
  • 下半身が冷えたり、むくみやすい
  • 上半身に比べて脚が太い
  • O脚
  • 何もないところでつまづきやすい
  • 左右で靴底の減りが違う
  • 靴底の外側の減りが早い

いくつチェックが付きましたか?

7つ以上チェックが付いた方は、かなり歪みがひどいと思われます。

けれど、皆さん結構当てはまったのではないでしょうか。実は歪みは、日常の生活動作や姿勢が癖となって引き起こされていることが大半で、それゆえにどうしても見過ごされがちなのです。

ほとんどの方がご自身が知らない間に、その歪みのために健康を妨げられています。正しい姿勢は、「健康」を手に入れるための条件のひとつと言えるでしょう。

女性に嬉しい!骨盤矯正に期待できる効果

女性が喜んでいるイメージ

骨盤の歪みを矯正すると、美しい姿勢が保てるようになり、血液やリンパの流れが改善。冷えやむくみが緩和されます。また、新陳代謝もあがるので、脂肪燃焼にもつながります。

その上、子宮や卵巣への負担が軽減されるため、女性ホルモンが正常に戻り、肌荒れなどの解消も期待できます。

こいずみ鍼灸整骨院の骨盤矯正の特徴

当グループの骨盤矯正は、お一人おひとりの体調・体質に合わせて、はじめに充分に筋肉をマッサージし、身体を柔軟にさせてから施術に入ります。

ボキボキする矯正について

施術の様子

骨盤矯正と聞くと、ボキボキやバキバキといった音が連想され、怖そう、痛そうというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

でもそれは誤解。この音は骨と骨がすれて出ているのではなく、矯正によって関節と関節の間にたまった気泡が弾ける際に出ているのです。だから、決して骨がどうにかなってしまう、靭帯が切れてしまうといったようなリスクはありません。また、痛みも伴いません。

当グループの骨盤矯正は、歪みを正す際の施術の一環として音がなる場合がございます。ですが、特に音を鳴らす鳴らさないで効果に差が出るわけではありませんので、鳴らす矯正というのは、目的にしておりません。どうしても音が鳴る矯正は怖いとおっしゃる方には、鳴らないように施術することも可能ですので、どうぞご遠慮なくその旨お申し付けください。

回数について

当グループでは、始めだけ「続けて3回(1週間に3回)」集中的に施術を受けていただくことをおすすめしております。何十年も癖づいた姿勢を1回で正そうとしても、どうしても日常的な癖の方が勝ってしまい、歪みは改善しません。2回、3回と続けて繰り返すことで、脳に「これが正しい姿勢なんだよ」と認識させることが大切なのです。

その後は回数を減らし、マッサージなどで様子を見ながら、痛みや歪みが出る前に矯正を行っていきます。

産後の骨盤矯正

ご出産おめでとうございます!

ご自身のケアも始めてみませんか?

お子さまを授かった幸せとともに、怒涛の育児の日々が始まり、お疲れのママさんも多くいらっしゃると思います。出産後のお母さんの身体は、育児に追われるがあまり放っておきがちになりますが、ご自身や周りが思っている以上に大きなダメージを受けています。

特に一度開いた骨盤が自然と妊娠前の状態に戻ることはまずありません。帝王切開を経験された方ならなおさらです。

これからも長く続く育児ライフを楽しく快適に過ごせるように、自分自身のケア、今から始めてみませんか?

出産後に、このようなお悩みはありませんか?

体型が変わってしまった…
  • 出産前のスカートやジーンズが履けなくなった
  • 寸胴体型になってしまった
  • 下腹のぽっこりがまだとれない
  • 下半身がむくみやすい
  • O脚が進行した気がする
  • 初産の時は体重がすぐ戻ったのに、二人目を産んだ後は戻らない
身体の調子が良くない…
  • 尿漏れがなかなか改善しない
  • 生理痛が重くなった
  • 尾骨、恥骨、骨盤周りなどに痛みがある
  • 股関節(脚の付け根)が痛い
  • 初産の時は痛みが出なかったのに、二人目を産んだ後は痛みが残っている

そのお悩み、早めに解決しておきましょう!

解決イメージ

出産後1ヶ月~1ヶ月半ほどは、骨盤の骨と骨とをつなぐ筋が非常に弱く、骨盤周りの組織も緩みやすい状態にあります。

そのため、この時期の悪い姿勢は、強い歪みを作ってしまう原因になります。さらに、出産時の圧によって生じた骨盤のずれをそのまま放っておくと、将来的にさまざまな不調が現れたり、次の出産時につらい症状が出ることもあります。

出産後は、早めに骨盤をケアしておくことが大切なのです。

こいずみ鍼灸整骨院の産後の骨盤矯正について
-皆さまからのご質問にお答えいたします!-

  • 産後いつ頃から受けられますか?

  • 産後1ヶ月(帝王切開の方は、2ヶ月)から可能です。
    関節がやわらかい早期に受けていただくことをおすすめいたします。無理に身体をひねったりすることはありませんので、退院後身体が落ち着かれたらお早めにお越しください。

  • そんなデリケートな時期に骨盤矯正なんてしても大丈夫なんでしょうか?

  • まずは、矯正ができる骨格かどうかを先にチェックさせていただき、矯正するか否かの判断をいたします。
    矯正を行う場合は、決して強い力はかけません。股関節の開き具合の調節を行ったら、骨盤を内側へゆっくりと圧をかける方法で締めていきます。出産後の関節は、リラキシンというホルモンの分泌によって動きやすい状態になっているため、軽くアプローチするだけでバランスを整えることができるのです。

  • 何回くらい通う必要があるのでしょうか?

  • 通常の骨盤矯正と同じく「続けて3回(1週間に3回)」が基本です。その後は週1~2回のペースで、骨盤が安定するまで平均して5~7回ほどになります。(個人差があります)
    その後も、育児は身体に負担をかける姿勢が多いため、月1回程度のメンテナンスをおすすめしております。

  • 1回の施術時間はどれくらいでしょうか?あまり長いと子どもがぐずってしまうのですが…

  • 骨盤矯正やマッサージ、その他電気など全ての施術を合わせて30分以内には終わらせるようにしております。
    お子さまの泣き声が聞こえると、お母さんの筋肉も固くなってしまうので、時間内で癒されながら施術を受けていただけるよう、時間配分にはかなり気を配っております。

  • 胸がはってうつ伏せで施術を受けることがつらいのですが…

  • うつ伏せがつらい方には、横向きで施術をさせていただきます。
    その時に応じてつらくない寝方で施術しますので、ご遠慮なくお申し付けください。

  • 一人目の出産後でなくても効果がありますか?
    また、帝王切開の場合でも矯正した方がいいのでしょうか?

  • 二人目、三人目の方でも、緩んでいる間に行えば効果が期待できます。
    また、帝王切開の方でも骨盤は開きますので、矯正されることをおすすめいたします。

お子さま連れの方へ

院内の様子

お子さま連れの方が気兼ねなくお越しいただける時間帯も設けております。ご予約時にお子さま連れの旨お伝えください。
施術中はスタッフ全員がお子さまから目を離さないように対応させていただきます。また、ベビーカーごと店内にお入りいただけます。

妊娠中の矯正(マタニティ整体)

ママの体をトータルケア!~妊娠中から産後まで~

快適な妊婦ライフのイメージ

妊娠はとても幸せなことですが、ホルモンバランスが変化して、お腹も大きくなることで、骨盤が不安定な状態になり、頭痛・肩こり・腰痛・股関節痛・膝痛・むくみなどさまざまなつらい症状が現れます。このつらさのせいでイライラして、ついご主人にあたってしまった…といった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

こいずみ鍼灸整骨院では、産後の骨盤矯正だけでなく、妊娠中からお母さんお一人おひとりの状況に合わせた施術で、身体の痛みやストレスを緩和し、快適な妊婦ライフを送れるようお手伝いしております。

「体はつらいけれど、妊娠中骨盤矯正には行けないし…」とあきらめていらっしゃるお母さん、ぜひ一度当グループまでお越しください。

安全性第一

妊娠中のお母さんの身体は非常にデリケートな状態です。そのため、当グループでは妊婦施術の知識を有するスタッフが、安全性を第一に施術を行います。

妊娠8ヶ月頃までは、ある程度しっかりした施術を、できる範囲で首や背中に。以降は、お身体の様子を見ながら、マッサージなどの必要最低限の施術を行っていきます。

  • 基本的に母体へのリスクが考えられる腰への施術はいたしません。
  • 安定期(14~27週)でも、様態が安定しない時は、施術を行いません。安静を第一にして医師の指示に従ってください。

安産、そして快適な育児ライフのために…

骨盤を整えておくことで、お母さんの体調も良くなり、赤ちゃんも居心地のいいお腹で順調に育ちます。また、出産後の体調にも影響しますので、妊娠中から身体のバランスを整えておくことをおすすめいたします。

安産のために期待できる骨盤矯正の効果

  • 出産時に骨盤が開きやすくなり、骨盤に負担がかかりにくい
  • 骨盤周囲の筋肉バランスがとれていると、力が入りやすい
  • 出産後の体調回復が早まりやすい
  • 筋肉に弾力性が出るため、妊娠線ができにくく残りにくい

赤ちゃんを運ぶコウノトリのイメージ

お問い合わせ・ご予約は各店舗まで

PageTop